読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト と ピアノ と 私

ミニマリスト(おそらく)の主人 と ピアノ(を習い始めた発達障害の息子) と 私の小さな日常

天然ミニマリストと住居

ミニマリスト

天然ミニマリストこと旦那様は、住居に対する考え方も実にシンプルです。

 

新婚時代(二人暮らし)>>

旦那様からの指令

『管理費及び駐車場込みで、3LDKか、3DKで家賃が6万円台で探して』

ええーー!!厳しいっ!!

いくら田舎でも、その条件は厳しい…でも、探すしかありません。

その条件にしか、住んでもらえないので。(ランニングコスト重要)

結局見つかったのは、築20年の鉄筋コンクリート造りの3DK。

家賃が破格だった分、古くて寒くて…決して住みやすいとはいえませんでした。

 

天然ミニマリスト『若いうちから、良いところに住んだら面白くないだろ』

 

そうですか。

 

妊活時代(二人暮らし)>>

不妊治療を続ける為に、家賃が安いところへ引っ越そうと決める。(お金がかかるよねー、妊活ってさ…)

旦那様からの指令

『管理費及び駐車場込みで、台所と別に部屋が2つあってバス停近くて…3.5万円で探して』(台すら消えた…)

いくら田舎でも、…以下略。

見つかり住んだ家は、木造平屋の家をどうしてだか無理やり真ん中で半分にして2つの家屋に改造(?)してありました。

職場の同僚や友人がひく程の家。(見た目も中身も)

夏は暑く、冬が寒すぎて、どうにかなりそうでした。

そして、エアコンもテレビもありません。

この子供が居ない時代が一番ミニマリスト的だったかも。(笑)

 

天然ミニマリスト『探せばあるもんだなー、案外住めるしな』

 

そうですね。

 

A太郎出産後(三人暮らしから)>>

流石に、平屋半分この家に三人暮らしでは狭いので引っ越しをします。

旦那様からの指令

『別にここでもいいんじゃね??』

えーー!!寒くて暑くて、赤ちゃんが大変です。(しばらく、体温調整出来ませんからー!)

清潔感にもかなり欠けていました。(掃除とかの問題では無く)

私も食い下がりました…そうすると、築40年の一軒家に引っ越しました。

家賃は破格です…ネズミが走り回っています。(屋根裏)

部屋は3つありますが、まーこじんまりとした狭小住宅です。

 

天然ミニマリスト『一軒家でも、この家賃であるんだなー。慣れてしまえば古いのも味があるよな』

 

はい、慣れ は偉大です。

 

3か所ともに共通なのは、断熱って何??みたいなレベルの暑さと寒さ。

探す条件が厳しくて、大変だった…。

皆様、もうお分かりでしょうけど。

天然ミニマリストの真の狙いは…引っ越しで物を捨て、私に断捨離をさせる事でした。(おそらく)

 

もう引っ越しせずに、物を減らしていきたいと思います。

 

 

 <a href="http://lifestyle.blogmura.com/minimalismlife/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村 ミニマリスト(持たない暮らし)</a>

→参加しています。よろしくお願いします。