読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリスト と ピアノ と 私

ミニマリスト(おそらく)の主人 と ピアノ(を習い始めた発達障害の息子) と 私の小さな日常

手相を診られて

小さな日常

昨日は、花の金曜日。

飲み会に出掛けた妹を迎えに街に行った時に、妹に勧められて手相を診てもらいました。

 

私:『子供の将来が心配なんですが…(発達障害があるんで)』

かなり高齢の女性の方、懐中電灯(LEDと思われる)で私の両の掌を照らしながら。

 

占い師さん:『うーん、自分にも人にも厳しい見方をしがちね、あなた。よーーーく、褒める事!褒めて子供は伸びるんだからね』

 

あ、当たってるのかしら…。

 

自分自身が褒められた事がほぼ無い幼少時代を送った為に、正直子供を褒める事が難しいのです。

アレントトレーニングで随分と上手になりましたけどね。(ポジティブ注目!)

 

あと、旦那様あっての自分だから、旦那様もよく褒めなさいと言われました。

いつも感謝はしてるけれど、面と向かって褒めるのは照れくさくて…。

 

よぉし、今度の定例会議の時に褒めてみようかな。

 

妹が診てもらった時には、具体的なアドバイスが沢山あったみたいですが、私にはひたすら子供を褒めて育てなさい。

 

親の後ろ姿を見て育つのよ。

 

と言われました。

とりあえずは、褒め上手になる事を目指してみたいと思います。

ポジティブ注目を、家族に、友人に、同僚に…!!

 

周囲の人達に優しくなろうと決心した出来事でした。

占いが当たってなくても、良い行動のきっかけになるのは良い事だと思っています。